Factory Price, Class 4 Laser Therapy Machine Manufacturer, ODM&OEM Available

犬のクラス4レーザー療法

クラス4レーザー治療は、非侵襲的で薬物を使用しない治療法であり、犬のさまざまな症状の治療に有効であることが示されている。 この治療法は、高出力のレーザーを使用して治癒を促し、細胞レベルで組織の修復を促進する。 痛みや炎症を抑え、回復を早める効果がある。

Class 4 Laser Therapy For Dogs

犬のクラス4レーザー治療でよく見られる症状

クラス4レーザー治療は、以下のような犬の多くの症状の治療に使用できる:

関節炎

股関節形成不全

靭帯や腱の損傷

術後の痛み

炎症

治療計画の推奨

クラス4のレーザー治療では、ハンドヘルド・レーザー・ワンドを患部にゆっくりと往復させる。 クラス4レーザー治療の期間と回数は、症状の重症度と犬の大きさによって異なる。 通常、1回のセッションは5分から10分で、数週間にわたって数回のセッションが必要になることもある。 必要な治療回数は症状によって異なるが、ほとんどの犬は数回の治療で症状が緩和される。

注意事項と考慮事項

クラス4のレーザー治療は一般的に安全ですが、ペットの飼い主と獣医の専門家が取るべきいくつかの予防措置があります。 網膜に損傷を与える可能性があるため、レーザー光線を直接目に当てることは避けるべきである。 さらに、セラピストはセラピーを行う際、安全を確保するために常に保護用のゴーグルを着用する必要がある。

犬のクラス4レーザー治療の利点

クラス4レーザー治療の主な利点のひとつは、痛みや炎症を素早く緩和できることである。 組織の修復を促進し、腫れを軽減することで、この療法は慢性疾患を持つ犬の運動能力と全体的な生活の質を改善することができる。 また、手術や怪我をした犬の回復時間を短縮することもできる。

クラス4レーザー治療のもう一つの利点は、非侵襲的で薬剤を使用しないことである。 つまり、犬は副作用のある麻酔や鎮痛剤を使わずに治療を受けることができるのだ。 このセラピーは、ほとんどの犬がよく耐え、通常は快適な体験となる。

結論として、クラス4レーザー治療は、犬のさまざまな症状を治療するための安全で効果的な選択肢である。 痛みや炎症を素早く緩和し、組織の修復を促進し、手術や怪我後の回復時間を短縮することができる。 ペットの飼い主は、クラス4レーザー治療が毛皮で覆われた友人にとって良い治療法かどうか、獣医師に相談することを検討すべきである。

[1] Renwick, S. M., Renwick, A. I., Brodbelt, D. C., Ferguson, J., & Abreu, H. (2018). クラスIVレーザー治療が犬の脛骨高原均平骨切り術の成績に及ぼす影響。 獣医外科, 47(4), 507-515.

医療用レーザー

プロフェッショナルCLASS4ハイパワーレーザー治療器

家庭用

携帯型ハンドヘルド冷レーザー治療器

動物用

レーザー治療器、衝撃波物理療法、動物に広く使用されている

見積もり

Get Professional Advice